ladybear

  • ladybear_Instagram

concept

コンセプト

ー心とからだを満たす、自然由来の本物の美味しさを届けたいー
そんな想いから、自然派ローカロリースイーツショップLady Bearは生まれました。

私たちの母体は1931年創業の天然甘味料専門メーカー「クインビーガーデン」。
原料を扱うプロフェッショナルとして、天然甘味料の魅力を余すところなく発信していくために
たどり着いたのが「自然派ローカロリースイーツ」という新しいスイーツのかたちです。
はちみつ・メープルシロップ・アガベシロップが持つ自然由来の個性豊かな美味しさ、そして私たちのからだへのやさしさ…
ヘルシー&ビューティーを叶える心地よいスイーツ体験を皆様にお届けするために、Lady Bearは日々挑戦を続けています。

クインビーガーデン
[クインビーガーデン]

クインビーガーデンは、今から85年前、
富士の麓で養蜂業からスタートしました。
創業以来「自然の恵みをピュアな姿で」をモットーに掲げ、
天然甘味料のプロフェッショナルとして
自然からの貴重な恵みをお届けしています。

クインビーガーデン

パティスリーQBG
[パティスリーQBG]

本物のはちみつ・メープルの魅力を伝えるため、
2005年に誕生したクインビーガーデン直営のパティスリー。
誕生から10年に渡り、
天然甘味の自然な美味しさを
お菓子という形でお届けしてまいりました。

パティスリーQBG

NATURAL SWEETS FROM THE MOTHER EARTH
-Lady Bearの3つの天然甘味料-

花の恵み
Honey
はちみつ

はちみつ はちみつは、花をつける草や木の花蜜を、ミツバチが体内で酵素分解して生まれる糖です。
花の種類ごとに個性的な風味を持ち、
採取地域の自然をダイレクトに感じることができるのが大きな魅力です。
代謝を促進する
栄養甘味料

ミツバチのはちみつづくり


はち
ミツバチがどのようにハチミツをつくっているかご存知ですか?
まずミツバチが花の蜜を集めて巣に持ち帰り、その過程でミツバチの唾液が混ざります。
唾液に含まれる酵素が、花の蜜の主成分である 「ショ糖」を「ブドウ糖」と「果糖」に分解。
巣の中で空気に触れ、水分が蒸発することで 濃縮された状態に変化をします。
こうして、とろりと甘いハチミツができあがるのです。
酵素の働きで分解

栄養豊富な天然のサプリメント


はち
疲労回復に効果的
ハチミツの主成分である「ブドウ糖」と「果糖」は、 体内でこれ以上分解することができないほど構造が単純な単糖類。
胃腸に負担をかけず20分ほどでエネルギーに変わると言われており、私たちの元気な活動をサポートしてくれます。
ぶどう糖
自然界に最も多く存在する糖。
実は脳のエネルギー源になるのはブドウ糖だけ!
果糖
糖の中でも特に甘みが強いのが特徴。
フルーツなどに多く含まれます。
ビタミン・ミネラルのバランスが良い「総合栄養食」
はちみつの中にはビタミン(ビタミンB群、ビタミンC、葉酸など)、ミネラル(カルシウム、鉄、マグネシウム、カリウムなど)、
アミノ酸、有機酸、酵素をはじめ身体にうれしい栄養素がたっぷり含まれていること。
たくさんの天然成分をバランス良く摂ることができるのはハチミツならではの特長です。
腸をキレイに!
はちみつに含まれる「グルコン酸」は、腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やし、その働きを活発にしてくれます。
腸内環境を美しく保ってくれるので、便秘の解消や腸の免疫力を高めると言われています。

世界中の産地から厳選した
ノーブレンドハニー


LadyBearのはちみつは、天然甘味料の老舗メーカー・クインビーガーデンのスタッフが世界各地に赴き、
信頼のおける産地、生産者を見極めて直輸入しています。
国内の自社工場で、通常の倍以上の時間をかけ低温で丁寧に充填するので、採れたての風味をそのままお届けすることができるのです。
はち
from Italy イタリア産

山には山の、野原には野原のそれぞれの土地や気候にあった植物が育ちます。
細長いイタリアの地形は、北と南ではまったく違う風景が広がります。
アルプスを臨むピエモンテ、草原の広がるトスカーナ、太陽の光が満ち溢れるシチリアなど、気候・風土の異なる場所から個性の異なるはちみつを取りそろえました。

<イタリア産はちみつ>
アカシアはちみつ / シトラスはちみつ / クリはちみつ / ミルフィオーレ(百花蜜)
はち
from Canada カナダ産

カナダは広大で果てしなく続く大地や澄みきった川と湖をはじめ、養蜂にとって最適な環境に恵まれています。
カナディアン・ロッキーの麓に広がるアルバータ州やブリティッシュコロンビア州、楓の森が広がるケベック州から、豊かな自然の中で育まれた良質なはちみつが届けられます。

<カナダ産はちみつ>
クローバーはちみつ / ブルーベリーはちみつ / ラズベリーはちみつ / アルバータはちみつ(百花蜜)
はち
from Japan 日本産

1931年の創業以来85年以上に渡り、生活者の皆様に安心・安全な純粋はちみつをお届けしています。
現在も行っている「転地養蜂」では、地域、花種にこだわって、北海道から鹿児島まで季節の花々を追いかけます。

<国産はちみつ>
北海道産シナはちみつ / 北東北産マロニエはちみつ / 百花蜜など

森の恵み
Maple syrup
メープルシロップ

メープルシロップ メープルシロップとは、カナダ・アメリカの一部にしか生育しないサトウカエデの樹液を、
約40分の1まで煮詰めてつくる天然由来の甘味料です。
この樹液を採取できるのは1年の中でも雪解けがはじまる初春のほんのわずかな時期だけ。
メープルシロップは、貴重な森からの恵みなのです。
サビにくい体をつくる
抗酸化甘味料

楓の森から届く貴重な森の恵み


メープルシロップ
メープルシロップの原料となる「サトウカエデ」は、長い冬の間に樹液をたっぷりと蓄えます。
この樹液、メープルウォーターは1日の気温差が±8℃前後になる早春の頃に最も糖分が高くなるので、葉を出す前の2週間ほどの期間が良質なメープルウォーターを採取するのに一番適した季節です。
楓の幹に金属の管を差し込んで採取された樹液はシュガーハウスと呼ばれる小屋に運ばれ、高温でじっくりと時間をかけ40分の1まで煮詰めて100%純正なメープルシロップになるのです。

カナダ・ケベック州生産者限定採取の
ピュアなおいしさ


メープルシロップ
メープルシロップが採れることで知られるサトウカエデは、世界でも植生分布がごく一部の地域に限られています。
カナダのケベック州はその恵まれた地域のひとつであり、世界最大のメープルシロップの生産地でもあります。
セントローレンス河低地地方の肥沃な土壌と、厳しい冬、そして短い夏が豊かな楓の森を育みました。
メープルシロップ
クインビーガーデンは現地の生産者と直接対話をし、厳しい目でメープルシロップを選定しています。
自然由来の甘味料はその年の気候条件などによって風味にばらつきが出やすいものですが、わたしたちは採取する地域・生産者を限定しているので、味、香り、コクが特に優れた高品質なメープルシロップ・シュガーをお届けすることができるのです。

植物由来のミネラルたっぷり・
抗酸化作用にも注目


    メープルシロップ

体を整えるミネラルが豊富
大地の恵みをたっぷり吸い上げたカエデの樹液から作られるメープルシロップは、日本人に不足しがちなカルシウムやマグネシウム、たんぱく質や糖質の代謝に不可欠な亜鉛、余分なナトリウム(塩分)を排出するカリウムといったミネラルが豊富。
いろいろなビタミン、アミノ酸、たんぱく質、有機質もバランスよく含んでいます。

サビない体をつくる抗酸化物質
わたしたちが生活する中で蓄積していく活性酸素は、体を老化させる原因の1つと言われています。
メープルシロップに含まれるポリフェノールをはじめとした抗酸化物質は、この活性酸素を抑える効果があるとされ、注目されています。
カナダ産のメープルシロップには天然由来の20種類以上の抗酸化物質が含まれていることが明らかにされました。

カロリー・糖質が低くヘルシー
糖質は66%と低く、味はあっさりとしていてとても食べやすいのが特徴です。
カロリーも100g中257kcalと他の甘味料に比べても低いので、糖分を気にかける方など、どなたでもご安心して食べることができます。

大地の恵み
Agave syrup
アガベシロップ

アガベシロップ メキシコ・ハリスコ州の大地で力強い太陽の日差しをたっぷり受け、
6年かけて2m近くまで大きく育ったブルーアガベ。
テキーラの原料としても知られるこの多肉植物の球茎部(ピニャ)を絞り、
ろ過・濃縮させてつくられるのがアガベシロップです。
血糖値の上昇を穏やかにする
低GI甘味料

メキシコの「テキーラ村」で育った
ブルーアガベからの恵み


アガベ畑収穫前前景
アガベシロップは、アロエに似たメキシコ原産の大型多肉植物「リュウゼツラン」の中でも、ブルーアガベという品種を抽出してできる甘味料。 まだ一般的には知名度の低いアガベシロップですが、実はテキーラと同じ原料から製造されています。 現地では先住民が利用した記録も残っており、古くから甘味料や医薬品として人々の間で活用されてきました。 世界遺産にも登録された「テキーラ村」のあるハリスコ州が一大産地となっています。

オーガニック農場から届く
良質で安全なシロップ


アガベ畑収穫
Lady Bearでは、有機JAS認定農場で生産された安全性の高いアガベシロップを使用しています。
原材料であるブルーアガベはメキシコの太陽をたっぷり浴びて6年の年月を経て人の背丈よりも大きく成長。
その葉を人の手で丁寧に刈り取り、ピニャと呼ばれる根元の部分を収穫します。
工場に運ばれたピニャは細かく砕かれて樹液が抽出され、ろ過、加水分解、蒸発の工程を経てシロップとなります。

メタボ予防にもつながる低GI値食品


アガベシロップ
近年アガベシロップが注目されている最も大きな理由が「低GI値」だということ。 GI値とは血糖値の上昇度を表した指標で、この値が低いほど血糖値が上がりにくいとされています。 一般的には55以下が低GIの基準になっていますが、アガベシロップはなんと17。 血糖値の上昇が緩やかだとインシュリンの分泌が抑制され、体内に脂肪が蓄積されにくくなるので、糖尿病や肥満症、メタボリックシンドロームの予防につながると期待されています。 また甘味度がショ糖に比べて1.5と高く、少ない使用量で同じ甘さを引き出すことができるので、摂取するカロリーを抑えることができるのも体にうれしいポイントです。

素材の味を引き立てるクセのない
やさしい風味


はち
はちみつ・メープルシロップにはそれぞれ個性的な風味がありますが、アガベシロップはその2つと比べるとクセがなく、ほとんど無臭に近いシロップです。 調理に利用すると他の素材を引き立てまろやかなコクをプラスしてくれる「縁の下の力持ち」のような存在。 温度が低いと甘さを強く感じる特徴があるので、ゼリーやドリンク、アイスなどにはうってつけです。